Topics

はばたきの日常をお伝えします。

高等部の一日

今日から2月ですね。1年で一番寒い2月ですが、今年はあまり寒くなさそうです。

今年度も残すところあとわずかです。

今朝も天気がよく、校外走のグループは動きやすい服装になり走りました。

日々走ることで、タイムが少しずつ上がる生徒もおり、成果がでるのは気持ちがいいですね。

これは、はばたきタイム(バレー&バドミントン)の様子です。ソーシャルディスタンスが取れています。

3年生は、最後の「はばたきタイム」ということもあり、時間いっぱい楽しんでいました。

(バドミントンを楽しむ様子)

午後は、学年ごとの授業になりますが、3年生は音楽でした。

はばたきの制服やエリアサービスの制服を着て、生徒の興味を引いています。

曲に合わせて、ボディーパーカッションを楽しんでいます。

男子生徒、はばたきの制服を着た先生を見て、苦笑いでした。

 

 

本校にも来ました。

最近、ニュースで耳にすることの多い「オンラインやデジタル化」という言葉。

 

昨年は、新型コロナウイルスにより教育にも大きな影響を及ぼし、本校でもYouTube配信を行い、オンライン会議、研修が増えました。

私は、人と対面で話しあうのは好きですが、これも時代の流れでしょう。

民間企業経験のある私は、オンライン・デジタル化が普及し一般的という認識ですが、教育では進んでないのが現状です。学校で多くの児童生徒たちと関わる中で、児童生徒たちの方が興味関心からかタブレット端末の操作スキルが「すごい!」という感じですね。

ただ、みんな「iPadはゲームだけどね!」という補足をするのも笑えますね。

 

さて、教育でも文部科学省が「GIGAスクール構想」というのを打ち出し、生徒一人一台のタブレット端末をという話しがありましたね。埼玉県の「GIGAスクール構想」は、特別支援学校の小学部・中学部では児童生徒一人一台が実現しそうです。

残念ながら高等部は、一人一台にはなりませんが、タブレットを使える機会はあるので、ご安心ください。

 本校にも念願タブレット端末きましたよ!iPadです。

 

本校でも今年に入り、ネットワークなどの各種工事が入り、本格運用ができるまで準備を進めています。

教育の全てをオンライン化にすることは様々な事情で厳しいですが、「アナログの良さ」と「デジタルの良さ」を組み合わせられると良いですね。

 

保護者の皆さま、本格運用まで環境整備をしている段階ですので、しばらくお待ち下さい。

実態に応じて活用例など色々とありますが、ぜひ情報担当へご意見を頂けると助かります。

 

高等部 朝の校外走

今日も良い天気です。

赤城おろしの冷たい風が身体にきますね。

生徒によっては、防寒対策をしている人もいますが、皆、身体を温めようと身体を動かしています。

走り切った後の生徒たちは、汗をかいており身体を暖められたようです。

生徒が走る姿を見て、散歩をしている地域の方からも「すごいね!」とお声を頂きます。

「1周どのくらいあるの」といった声も頂きます。

走っている生徒からも元気よく挨拶をする生徒もおり、他の生徒の模範になり、日々学びがあります。

 

日々、地域の方とコミュニケーションを図ることで、地域のことが知れて勉強になります。

私も最近知りましたが、校外走で走っている場所には、昔、養豚場があったんだとか。

 

地域を知る・興味を持つって大切ですね。

深谷ねぎが美味しい時期ですね。

 

高等部 グリーンファーム

本日は、本校で農業(地域の農家さん)の指導をしている先生から、改めて「スコップの正しい使い方」を教えて頂きました。

なぜ、いまさら「スコップの正しい使い方を?」思われる方もいるかと思いますが、堆肥づくりの穴を作るのに、専門の方から教えて頂くには大事なことです。みんな、話しをよく聞いていますね。

普段、職員も生徒もオリジナルの作業で、思うように進まず苦戦していましたが、今回、教えて頂いたことで作業効率がアップしました。

専門知識を持たれている方からの「効率の良い作業をするための手本」や「アドバイス」をもとに、「参考になること・学べること」を前向きに吸収し自分のやり方に組み合わせることで、スキルアップに繋がるでしょう。

私も、改めて勉強になりました。

これは、教えて頂いた「スコップの正しい使い方」をもとに、作業をしたときの進捗状況です。

寒空のなかでの作業でしたが、身体が温まるように全集中して作業に取り組んでいました。

午後は、みぞれが降ってきました。

教員と一緒に、黒かごを運び、車にも注意していますね。

地域の方々の協力に感謝です。ありがとうございます。

中学部 新春 音楽鑑賞会

1月21日(木)に中学部全学年合同の音楽の授業で鑑賞会を行いました。音楽鑑賞会は、7月に1,2年生のみで行われましたが、今回は中学部全体で行うことになりました。今回も感染防止のため広い場所(体育館)でソーシャルディスタンスを保って行いました。

本校の高等部、中学部の音楽の教員が、ピアノ連弾や二重唱を披露しました。生徒達は、静かに聴き入っていましたが、10周年記念ソングではダンスをしたり、後半のアニメソングの演奏の際には、リズムにのって足踏みする場面もありました。

行事が少ない中、生の演奏を聴く大変貴重な機会となりました。

    

  

高等部 グリーンファーム

年明けのグリーンファームの活動の様子です。

第2農場の「麦」たちが芽を出してきました。

連日、雨が降らない状況ですが、乾燥に負けず少しずつ成長してきました。

一列になって、「麦踏み」をしている様子です。

赤城おろしの冷たく強い風に負けず、生徒たちも「寒い!」と言いながらも、集中して作業をしています。

さて、「麦踏み」ですが、せっかく芽が出た作物を踏むなんて!と思われる方もいると思いますが、「麦踏み」をすることで、根が強く張り、すぐに倒れなくなるそうです。

「麦」も「人」と同じだなっと思わせる瞬間でした。生徒たちも、焦らず少しずつ成長していけるといいですね。

今日のプールは、氷が張っており小鳥が歩いていました。

(学校から見える山々と荒川です)

夕方、メロン当番をした時のメロンです。夕飯のチモシーをもらうまで、ゆっくり休んでいました。

 

遅くなりましたが、今年も深谷はばたき特別支援学校をよろしくお願い致します。

 

文化祭(第10回メロンフェスティバル)の取組が新聞報道されました。

いよいよ第2学期が終了となります。コロナ禍で大幅に学校行事の中止が余儀なくされる中、「第10回メロンフェスティバル」(文化祭)の内容が、埼玉新聞に2日連続で報道されました。

新聞社の承諾を得て、本校のHPに掲載いたします。

ぜひ、ご覧ください。

 

R2.11.30(月)埼玉新聞.pdf

R2.12,1(火)埼玉新聞.pdf

持久走大会(中学部)

今日は、世界人権デーです。1950(昭和25)年の国連総会で制定された国際デーの一つです。

「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。」で始る全30条と前文からなっています。日本では、この日までの一週間を「人権週間」としています。

さて本校では、中学部のマラソン大会を実施しました。

生徒の実態に合わせて走る距離を4つに分けて行いました。

  

  

 

家族の皆様の応援が力となり、いつも以上の頑張りを見せる生徒もたくさんいました。

走り終えた生徒たちからは、充実感が満ち溢れていました。

 

各グループごとに上位入賞者の表彰も行いました。

この大会に向け、健康観察等ご協力くださった保護者の皆様、寒い中にも関わらず来校いただき応援してくださった皆様に感謝申し上げます。

おにぎり作り(小6)

小学部6年生が、生活単元学習の授業で春から稲を育て、収穫、精米したお米を使っておにぎりを作りました。

朝からお米を研ぎ、準備をして、自分たちの手でおにぎりを握りました。ただ、握るだけでなくその中でラップの扱い方やその他道具の使い方も経験し学習しました。自分の好きな具を選んで伝えることも大事な学習となります。

普段は、当たり前に食べているお米ですが、自分の口に入るまでに、これだけの時間や手間がかかって出来上がるということを体験から学ぶことができました。お米を育ててくださる方々や料理をしてくれる方々への感謝の気持ちも…。

自分たちで作ったおにぎりの味は格別だったようです。

    

    

     

マラソン大会に向けて(中学部)

12/3は日本三大曳山祭りの一つ、秩父夜祭(大祭)の日です。今年は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で規模を大幅に縮小し、最大の見どころである山車の曳きまわしは中止のようです。

さて、中学部の生徒たちはいよいよ来週に迫った持久走大会に向けて練習に励んでいます。

練習を重ねるごとにタイムもよくなり、皆、意欲を持って取り組んでいます。

来週の本番が楽しみです。