Topics

はばたきの日常をお伝えします。

授業参観・懇談会(高1)

週末には、台風が近づいてきているようですね。1年前の台風では、大雨で目の前の河川敷が水浸しになったことを思い出します。日本全国で被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、高等部1年生を対象に授業参観・懇談会を実施しました。

今回は、作業学習の授業を参観いただき、その後学年懇談会を実施しました。

新型コロナウイルスの影響で高等部1年生の保護者様に授業を見ていただくのは、今年度初めてでした。生徒たちは、いつも以上にいい緊張感をもって授業に取り組んでいました。

来校いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

  

 

親子歯磨き教室

小学部1年生を対象に親子歯磨き教室を実施しました。

口腔内の健康維持は、本校の保健課題のひとつでもあります。

この取組は、学校医の鳥海Dr.の協力を得て保護者の皆様に参加いただき、毎年実施しています。

新型コロナウイルス対策もしっかりと行い、口腔内の健康保持のために歯磨きの正しいやり方を学びました。

エプロンシアターや模型を使って正しい歯磨きの方法の説明を受け、実際に歯磨きを行い、最後は保護者向けの講義形式で鳥海Dr.の指導を受けました。

  

  

 

 

 

 

 

外国語活動

10月に入り、朝晩と日中の温度差も大きくなり秋を感じる今日この頃です。体調管理にご留意ください。

高等部の総合的な探求の時間の1つの取り組みに「外国語活動」があります。

今回は、留学経験のある教員が得意の「英語」の授業を行いました。

生徒たちは、「Let's enjoy English」ということで、普段なかなか触れることない「英語」にワークシートを使いながら、「英語を使ったコミュニケーション」を体験活動等を通して学びました。

いつもとは違った言語を使ってのコミュニケーションに生徒も教員も自然と笑顔になる授業でした。

  

第1回避難訓練

 昨夜は、見事な中秋の名月でした。みなさんも秋の夜空を見上げ美しい名月を眺めて過ごしたことと思います。

 さて、本日も秋晴れのさわやかな朝を迎えました。登校して間もなく9時45分に地震が起こり、みんな自分の身を守るようその場で待機。やがて、調理室より火災が起こりグラウンドへ避難という訓練を行いました。

 校長からは、「いつ起こっても、落ち着いて、自分の命を守ることを最優先に行動してください」と話がありました。

 コロナ禍であっても、いつ災害が起こるか分かりません。いつもと違う行動もいざという時、スムーズに動けるよう練習しておくことは大事ですね。

 

 

清掃活動(日常生活の指導)

小学部4・5・6年生は毎日の給食後に清掃活動(日常生活の指導)に取り組んでいます。

時代は「ルンバ」「スチームクリーマー」かもしれませんが…

ほうきやちりとりを使っての掃除や雑巾がけを日常の生活の中で行う機会は減ってきていますが…

様々な学習効果が期待できる活動です。

活動の一例をあげると、

①ほうきでごみを集め➡ちりとりでとる。

②雑巾がけをする

③机やいすを拭く、運ぶ

④手を洗う

といった具合でそれぞれのクラスで役割分担等をしながら自分たちの手で自分たちの教室等をきれいにしています。

清掃活動における一例ですが、教材準備の大切さがよくわかる写真です。

雑巾がけをするときに膝をついてしまう児童も実態に合わせた教材を使用することで膝をつかずに雑巾がけをすることができます。このように学習を積み重ねることで身体の使い方を学び、次第に教材なしでも膝を上げて雑巾がけができるようになります。

「自分たちの学習環境を自分たちで整える」将来に向けてとても大切なことです。

 

 

学校支援ボランティア養成講座⑤

学校支援ボランティア養成講座「第5回目」を実施しました。

今回は、「アドベンチャー教育を通した人間関係つくり」をテーマに神川げんきプラザより講師をお招きし講義・演習を行いました。

様々な演習を通して、人間関係つくりの方法等について学びを深めました。

今回で連続講座として開催した本講座も最終回となりました。

参加者の皆様、ご協力いただいた皆様をはじめ、深谷市社会福祉協議会様、寄居町社会福祉協議会様、各関係機関様 

ありがとうございました。

 

 

 

教職員倫理確立研修会

倫理確立全体研修を実施しました。

今年度、ミニ研修も含め4回目の倫理確立研修となりました。

今回は、「交通事故防止」をテーマにした研修を講義及び動画視聴を通して行いました。

交通事故は誰にでも起こりうることと肝に銘じ、「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を心掛けていきたいと思います。

今後も教職員の不祥事防止、根絶に向け倫理確立研修に学校全体で取り組んでまいります。

 

中学部 陶芸班

中学部の作業学習のひとつ、陶芸班を紹介します。

本校には、陶芸のための専門的な機械や道具を兼ね備えた「陶芸室」があります。

この教室で、お皿やマグカップ、箸置きなどの陶芸作品(製品)を制作しています。

ただ作品(製品)を作ることだけが、作業学習の目標ではありません。作業学習の中で児童生徒の働く意欲を培いながら 、 将来の職業生活や社会自立に向けて基盤となる資質・能力を育むことができるような指導支援を心掛けています。

生徒は分担された、それぞれの役割をしっかりと果たし、一つの作品を作り上げています。

 

職場見学(高等部1年)

高等部1年生が職場見学を実施しました。

職場見学の目的は「職場とはどういうものであるかを知り進路を考える機会とする」ことです。

今回は、UACJグリーンネット様(株式会社UACJ様の特例子会社)と川本園様にお世話になりました。

企業と福祉事業所に分かれての見学となりましたが、それぞれ実際の施設や働く方々、仕事内容に生徒は興味を持ち見学することができました。

今回の学びを今後の学習等に活かしていきたいと思います。

UACJグリーンネット様、川本園様ありがとうございました。

カードでコミュニケーション

話すことが苦手な児童生徒はカードを使って思ったことを伝える学習を行うことがあります。

 ↑ 少し見ずらいですが、何かができた時に「できましたカード」を出す学習をしています。

 

 

 ↑ 「〇〇かしてください」と必要な物を借り学習をしています。

 

 

 ↑ この児童はカードを何枚か使って文章を作って思いを伝えています。

 

今日はカードを紹介しましたが、今後はカードに限らず、自分の得意なツールを使ってコミュニケーションを広げていきます。