はばたきの給食

1月19日の給食です

・揚げ大豆のカミカミごはん ・ひじき入り卵焼き ・みそドレサラダ ・白菜の味噌汁 ・牛乳

毎月19日のは食育の日ということで、今日19日は噛み応えメニューを取り入れました。主食は揚げた大豆を醤油・砂糖・みりんで作ったたれに絡め、青のりの共にごはんに混ぜた「揚げ大豆のかみかみごはん」。揚げた大豆の香ばしさと、たれと青のりの甘みが噛むごとに口の中に広がります。混ぜご飯が苦手な子もいるのですが、普段より噛むことを意識した主食にしてみました。また、卵焼きの中には黒いひじきが目立ちますが、実は鶏ひき肉・干し椎茸・ピーマン・人参・玉ねぎが少しずつ入っています。調理員さんたちがとても小さく切ってくれていますので気にならないで食べてくれた子も多いのではないでしょうか。

ご家庭の普段の食事で大豆を揚げるのは手間がかかりますが、大根の葉を細かく刻んだものをベーコンやじゃこなどと炒め、軽く味付けをしてごはんと混ぜたり、具だくさんの汁ものを作ったり、またおやつに干し芋や小魚、今の季節ならりんごなど噛み応えのあるものを取り入れるなど、できる範囲で取り組んでいただくのもよいかなと思います。