校長より

2020年7月の記事一覧

この1週間・・・(R2.7.3)

1週間ぶりの「ひとり言日誌」です。

通常登校2週目が終わろうとしています。

今週は、高等部(1年生から3年生)は、校外・校内実習が行われました。

校内実習では、終日グループごとに作業を行いました。

「作業開始」といったリーダーの掛け声のもと、もくもくと作業を行う生徒たちの姿には、たくましさを感じました。

「休憩」の声がかかると、ホッとした表情で水分補給!

昨日あたりの生徒には、疲労感を強く感じました。

実施日ごとに、成果がグラフ化され生徒の頑張りの糧にもなったようです。

校外実習の様子も見てきました。

スーパーマーケットの実習では、飲料の商品補充を一生懸命やっていました。

管理職の方からも、好評をいただきました。

職場では、幼馴染とも再開したとのこと。

うれしそうに元気にやっていました。

実習後は、作業日誌に1日の記録を記入して終了です。

中学部の音楽の授業では、ペットボトルを使ったリズム学習を行っていました。

身体をリズムに合わせて、大きく動かしていました。

身体を動かすことに笑顔が見られ、学校が再開したことを改めて実感しました。

小学部の廊下には、七夕の飾りが複数ありました。

願い事がかなうことを祈りながら、じっくりと読み込んでしまいました。

いつの間にか、7月になっていたんですね!

忘れかけていた季節感を、児童の作品で思い出すことができました。

ありがとう!

本日で、学校が再開して2週間が終了します。

多くの児童生徒(特に高等部の生徒)からは、疲労感が伺えます。

保護者の皆様におかれましては、明日、明後日とお子様をゆっくり休ませていただけると幸いです。

通学区域においても、コロナウィルス感染症が発生しているようです。

感染予防を宜しくお願いします。

6日(月)、児童生徒の元気な姿を楽しみに待っています。

良い週末をお過ごしください。